インテリアの資格

インテリアに拘る人は結構多いでしょう。家は安らぐ場所ですから自分好みの落ち着いたインテリアにしたいものです。

インテリア好きの人がインテリアに関する仕事に就くためにインテリア関係の資格を取ろうと考える人もいます。有名な資格と言えばインテリアコーディネーターでしょう。インテリア産業協会が実施している資格で、インテリアのコーディネートする人です。仕事をするために必須の資格ではないものの、資格を持っていると役に立ちます。日本インテリア設計師協会が実施しているインテリア設計士資格試験というのもあります。設計の段階からインテリアに関わるために学んでおいた方が良い知識を問う資格です。1級と2級があって実務経験が必要となります。他にも建築技術教育普及センター本部が実施しているインテリアプランナーという資格もあります。

インテリアプランナーは基本設計から工事管理まで行います。20歳以上の誰もが受験資格を持ちます。インテリアに重要な要素といえば色もあります。日本商工会議所が実施しているカラーコーディネーター検定試験もインテリアに役立ちます。1級から3級まであって、筆記試験に合格することが必要です。そしてインテリアで大事な部分は照明です。照明学会が実施している資格で照明コンサルタント資格というのがあります。こちらは取得するまでには専門の通信教育を1年間受講し、レポートの提出が必要となります。また、各回60点以上取らなければなりません。その後にスクリーニングを聴講することで認定されます。インテリアに関わる資格は意外と多いのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です